« 小さなお花畑 | トップページ | 息子たちの工作 »

我が家のもう一匹のペット

我が家が現在飼っているペットは

ブ~ちゃん(黒色ラブラドール、オス)

2010_1403

チ~ちゃん(茶色ラブラドール、メス)

2010_1395

デンくん(おじいさん猫)

2010_1366_2

ベタちゃん(メス猫)

2010_1412

鶏がもういないので現在は4匹です。

でも実は約4年前位から飼っている鳥がいるのでした。

その鳥の名前はヒヨドリちゃん。

ヒヨドリちゃんは自然の子で、いつも与えた餌を食べに来てくれます。

2010_1349

ヒヨドリちゃんは餌がなくなるといつもキェーキェーと鳴いて知らせるのです

今日もキェーキェーと鳴いているので、

餌を見に行ってみると、餌のみかんが

きれいに種だけを残した状態になってました

2010_1353

ほらきれいになくなっているでしょ

餌があるうちは鳴かないのですが、

なくなったら途端にキェーキェーだって

2010_1356

餌の交換の時は隣の森で、身を潜めてどこかで待っているのです

2010_1365

早速新しいみかんを置き直して、少し待っていると・・・・

2010_1358

やっぱりすぐに隣の森から、来ました来ました

2010_1350

自然の鳥はすごく警戒心が強くてなかなかこれ以上近寄れないけど、

観察していると一生懸命食べてくれて、結構可愛いのですよ

他のヒヨドリちゃんの写真です

5389bfdcfa038e58e722dcfd50b803c6_m

(ヒヨドリ)

日本国内ではごく普通に観察されますが、

分布がほぼ日本国内に限られているため、

日本を訪れる海外のバードウォッチャーにとっては、

日本で観察したい野鳥のひとつなんですって

|

« 小さなお花畑 | トップページ | 息子たちの工作 »

コメント

すごいキレイに食べてる~ ( ´艸`)

eriさんがゴハンを準備するのを待ってるなんて、
なんだか可愛いですね♪

餌台の手前に見えるのはプルメリアですか?
これからの季節は緑が元気で嬉しいですよね!!

投稿: ちゅらママ | 2010年5月31日 (月) 12時18分

ご無沙汰してます。覗いてみるたびに、
いいなぁ~と羨ましく思ってます。
いつ遊びに行けるのかな?

子ども達も大きくなったね。

さっき下の子が、
次男さんのヌード写真を持ってきました!?
覚えているかな?
ここで車のショーがあったとき、
一緒に行って、どういう流れでそうなったのか覚えてないけど、
スッポンポンになった次男さんの、証拠写真が残ってます。

今度お会いするときに、是非お持ちします。
楽しみにしていて下さい!

投稿: 夏大のママ | 2010年6月 1日 (火) 13時12分

ヒヨドリさんを飼っているなんてバードウオッチャーも
びっくりでしょうね
きっとeriさんの暖かい思いといっぱいの自然の森
が居心地いいんだろうな~
写真のヒヨドリハウスがコテージ風でたまらなくいい雰囲気♪

投稿: みーくママ | 2010年6月 1日 (火) 19時24分

ちゅらママさん

ありがとうございます。
ヒヨドリちゃん、普段はヒ~ヨヒ~ヨッって鳴くのに
餌が無い時だけは、キェーキェーって使い分けて鳴くんですよ
可愛いでしょ

プルメリアよく解かりましたね
今年も元気に育ってくれればいいのですが、
毎年大きな葉が出てからしか安心出来ないのです

投稿: eri | 2010年6月 1日 (火) 21時18分

夏大のママさん

おひさしぶり~
皆さんお元気ですかぁ~
ハワイは今がとてもいい時期ですね
いつもだったらこの時期にハワイ行きの予約を既に取っていて、
ワクワクしていた何年も前

我が家も近々にはゲストルームも用意する予定だから絶対いつかは遊びに来てね

次男のヌードははっきり覚えていますよ
わんぱく次男は小さい時から裸が大好きな自然児
今でも脳は自然児ですよ
でもその写真すごく見たいな
楽しみにしています

投稿: eri | 2010年6月 1日 (火) 22時15分

みーくママさん

ありがとうございます。
ヒヨドリちゃんを私は勝手に飼っているつもりですが・・・!?
ヒヨドリちゃんは私を変な鳴き方をすれば餌をくれる便利な動物と絶対思っています
まぁ~それはそれでいいけれえど、もう少しヒヨドリちゃんとお近づきになりたいな~
肩に乗ってくれたり手紙を届けてくれたり
それまでには何百年はかかりますね

投稿: eri | 2010年6月 1日 (火) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のもう一匹のペット:

« 小さなお花畑 | トップページ | 息子たちの工作 »