« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

森の熊さん NO、2

熊さんが結局我が家から数百メートル離れた場所で捕獲されました。

でも残念な事に殺処分になってしまいましたcrying

我が家の住む市では、戦後初の熊捕獲だったらしく、

新聞にも載りました。

熊さんはイノシシ捕獲用の檻で捕獲され、体長135cm、体重120kg

ツキノワグマの雄で、市と猟銃会は放獣を検討していたのですが、

熊が檻を壊そうとしていたので、住民の安全を考え殺処分されてしまいました。

私たち家族は「え~~~~なんで~~~」って感じ。

何か他に方法があったんじゃないのかなsign02

なんだかかわいそうな気がしますthink

実際に私たち家族は一度も被害にあっていないからそう思うのかな?

でも戦後初だったらみんな被害にあったこと無い人たちばかりのはず、

人間が自然界を壊しときながら人間が一番優先なんて、

何か間違っている気がするpout

熊さんだってただお腹が空いて餌のある所を一生懸命探していただけで、

人間にばったり会って殺されるなんて人間の勝手です。

あ~あ~何だか納得できませんbearing

新聞にも書いてあったのですが、成獣のオスが捕まったので

おそらく雌や小熊も居る可能性が高いので、注意しましょうと書いてありました。

どうか森に戻って餌が沢山見つかりますように・・・・・heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

森の熊さん

ある~日note森の中note熊さんにnote出会~った~notenotenote

花咲く~note ・・・って歌っている場合ではなく、

とうとう我が家の数百メートル付近で熊が発見されたようですeye

パパの携帯電話に「お宅の家のあたりに熊が出たらしいぞ!」とか

家の電話に中学校の教頭先生から連絡があり、

ちょうど次男が電話に出て教頭先生に「気を付けろよ!」と言われて、

次男は「俺、大丈夫!戦うから!」って言ったらしく、

教頭先生「やめとけ!」だって・・・

まったく危機感のない我が家coldsweats01

なぜなら我が家はxmashousexmas完全に森の中に住ませてもらっている状況で、

いつ何の動物が現れてもおかしくない状態。

ある程度は家族みんな覚悟をしているのですconfident

熊が出たって話を聞いてもearshine 「うそ~」ではなく、「とうとう出たか~」って感じ、

あとはいつもより周りに注意して行動するようにしなくっちゃeye

もしもばったり熊さんに出会ってしまった時は、

熊さんは「おじょうさん・・・お逃げなさい」って言ってくれるのかなsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キノコ

最近すっかりサボり癖がついてしまった私・・・bleah

久しぶりの更新ですcoldsweats01

季節は秋から冬へsign02木枯らしが吹きとっても寒いですね。

先日、ぶらっとお山へお散歩してみると

この季節ならではの、キノコの収穫が出来ました。

まず始めは、イクチ茸down

2010_2901

癖がなくお吸い物や鍋物など幅広く料理できます。

熱を加えると紫色に変身しますよeye

次に、香茸down

2010_2920       

見た目は不気味・・・despair字のごとく香ばしい香りがします。

貴重なキノコでなかなか見つけることが出来ないらしく、

値段も高価なものです。

炊き込みご飯にするととっても美味しいですよ。

ムラサキシメジモドキdown

2010_2904

モドキって名前を付けられるのはちょっとかわいそうdespair

とっても綺麗な紫色をしています。

実際のムラサキシメジより癖がなく食感もよくて幅広く料理できます。

ナラ茸down

2010_2923

コナラの木の切り株などにたくさん出ます。

一気に大量に収穫できるので嬉しい~happy01

こちらも癖がなく炊き込みご飯などに入れるととっても美味しいです。

アンズ茸down

2010_3023

ほんのりバターの甘い香りがします。

小ぶりで採るのがちょっと面倒ですが、お吸い物に最適japanesetea

年々、キノコの種類も覚え収穫するのが楽しみですheart04

・・・・・注意・・・・・

今年はキノコがすごくいっぱい出ています。

夏が異常に暑かったため普段は白色の毒キノコが暑さで茶色になって、

食べても良いキノコと見分けが付かなくなっていたりしますban

収穫の際は気を付けてくださいねsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうデン君

私とパパが結婚する前(約18年前)に

パパの仕事場に突然eye現れた白黒の雄猫cat

工場の中に堂々と入って来てニャーニャーとパパを呼ぶ人懐っこい猫。

パパが近づいてしゃがむと、いきなりパパの肩の上に乗って、

右の肩から左の肩へ行ったり来たりleftrightあまりにも警戒心が無いのか

逆にパパがびっくりするぐらいの猫cat

なかなか工場から出て行かず結局飼う事になってしまった猫。

見た目は大きくてトムとジェリーのトムの様な猫。

そうですhouse我が家に来た事のある人はご存知の猫、デン君shine

実はこのデン君が10月9日の朝、

天国suncloudに逝ってしまいましたcryingpaper

パパの工場に突然現れた時はもう既に大きくて

はっきりした年齢は解らないのですが、20年は生きているはずです。

もちろん我が家の息子の長男gemini次男の事は

赤ちゃんから見守っていてくれて、二人ともはじめて喋った言葉がデンsign01

面白おかしくユーモアあふれるデン君は我が家の人気者でしたheart04

我が家はデン君がいてくれたから今の幸せな家庭があるのですgood

本当にありがとうデン君heart04

そしてこれからもず~と私たち家族の心の中でデン君は一緒に暮らしていきます。

デン君は、我が家のcloverモミの木の下に埋葬して、自然に帰す予定です。

自然の中で、自由に暮らす事が出来たデン君も幸せだったと思います。

どうか今年のsun夏から最後までのデン君を見てあげてください。

2010_1366

2010_1515

2010_893

2010_2798

2010_2842

2010_2850

2010_2853

2010_2857

2010_2879

2010_2869

2010_2872

2010_2880

2010_2881

2010_2886

2010_2896

2010_2895_2

とても静かに永眠したデン君

いつまでも私たち家族の宝ですheart01

久しぶりのブログ更新で、こんな記事ですみませんでした。

私たち家族の現在の状況や正直な気持ちやを伝えるのが私のブログですpc

暗い気分になってしまった方は本当にすみません。

私はデン君の埋葬までは思いっきり辛いし悲しみますcrying だけど

その後は元気になってまた少しずつですがブログをはじめる予定ですcoldsweats01

その時は誰でも気軽にコメントくださいね~~good

今まで本当にありがとうデン君heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »