« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

逆さもみじ

先日、家から車で10分ほどの公園へ行ってきました。

その公園は以前にもお話したことがある、水面に映る逆さもみじが有名な曽木公園

ライトアップされている紅葉を見に出かけてきました。

ベストハウスでも紹介され 3位に選ばれたこともあり年々観光客が増えています。

TVの影響は本当にすごいですねsign01

入り口には屋台が何軒か出ていて、にぎやかですhappy01

2010_3035

2010_3163

この場所は我が家と同じ学区域なので、

やはりあっちこっちに知り合いがいました。

入場料100円を払い中へ入るとそこはもう別世界shinelovelyshine

2010_3038_2

毎日私は息子をバス停まで迎えに行くときにbusdash

このすぐ脇の道を通ってライトアップは見ているのですが

やっぱり中に入って見るのとは全然違います。

2010_3176_2

あれっsign02看板が反対に付いている・・・

2010_3055

・・・と、思ったらこう言う事か~happy01

2010_3059

水面になるべく落ち葉が無い方が綺麗にもみじが映りこむので

次男が学校から奉仕活動で、昼間のうちに水面の落ち葉を拾っているのです。

その成果もあって本当に綺麗でしたconfident

Rimg1351

久しぶりの家族写真happy01

Rimg1361

| | コメント (4) | トラックバック (0)

元気です愛ちゃん

私の仕事場で飼われている愛ちゃんheart04

2010_2959

今日とっても元気ですsign01

仕事のお昼休みや仕事が終ったら一緒に我が家に連れてきて、

ブ~ちゃんチ~ちゃんと遊ばせてあげています。

2010_2987

ボールは一人一個づつ。

ボールを順番に投げて取ってきてもらいますが、

愛ちゃんも上手にとってきます。

いくよ~

2010_2974

それ~sign01

2010_2978

ねっsign01

2010_2983

2010_2968

ブ~&チ~も投げて投げてってsign01

2010_2994

それっsign01

2010_3019

何度やっても楽しくてとってきます。

2010_2996

ブ~は体が重いのかすぐにダウンdown

休憩してしまいます。

2010_2971

チ~と愛ちゃん

女の子二人はいつまでも元気に走り回っていますdogdogdashdash

2010_3016 

欲張りチ~はボールをくわえているのにボールを投げてsign01だってcoldsweats01

2010_2976

あれっeye愛ちゃんもいつの間にかボールが二つcoldsweats01

2010_2980

今日も愛ちゃんは元気heart04

2010_2992

かわいいですheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

森の熊さん NO,3 

私たち夫婦、clover自然が大好きで約8年前に

当時まだ小さな二児を連れて都会からこの田舎へ引越してきました。

この土地で本当の自然を知り、

憧れだけでは絶対に出来ない田舎生活を知りました。

田舎で暮らしてからの日々は、

植物cloversnail 動物catdog 天気suntyphoon環境の事について

自然に考える機会が増え、やってはいけない事、

やった方が良い事など自分なりに解ってきたつもりですflair

今回の「森の熊さん」は自然環境について貴重なコメントを頂いたり、

私自身、改めてthink考えさせられた内容となりました。

今まで田舎生活の良い所、悪い所を素直に書いたつもりですpc

私のブログもはじめてから200回crownを過ぎました。

今まで読んで下さった方々、本当にありがとうございました。

最近はのんびりブログを更新していますclover

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2010_3033

・・・・・・・・・・・・・heart01happy01heart01・・・・・・・・・・・

森の熊さんNO,3です。

最近は、ツキノワグマが山から人里へ下り、

人にthunder怪我を負わす事件が相次いでいるようです。

なぜなら熊は冬眠に備えてこの時期にはブナやミズナラなどのドングリを

大量に食べます。

そのドングリがsun地球温暖化などのclover環境破壊によって不作や凶作、

その他に本来の生息地である広葉樹林の造林が進められた事によって、

奥山地域の餌が減少して人里に下りて来ると考えられているそうです。

人間と自然界の野生動物のleftright境界線なんかどこにもありません。

野生動物が人里へ下りて来て危険だからと射殺されてcrying

人間が山に近づいて野生動物に出会い、

野生動物が悪者って間違っていると思う。

人間が山の近くに行くからには野生動物への注意が必要なのは当然の事。

自分が野生動物に危害を加えられたくなかったら、

山から離れ、なるべくbuilding都会で暮らし、

都会から出ないようにすれば野生動物からのthunder危害を受けずに済むか、

少なくても危害を受ける確率は減ります

自分が何処にhouse住むか、どこへcar遊びに行くのか、それは自由です。

自分の選んだ行動に起きた事はなるべく自分で責任を取るのも当たり前。

射殺された熊さんたちと私たち人間、

clover地球環境を悪くしているのは間違いなく私たち人間です。

熊さんの射殺も自然破壊の一つだと私は思っています。

普段から自然破壊に対する恐怖

普段から野生動物に対する危険をもっと意識しながら

人間も生活しなければいけないし、

もし野生動物に危害を加えられても市町村などの役所を責めるのでは無く、

自分自身の行動の不注意だと、もっと思わなければいけません。

市町村を責めるのはお金の使い方です。

もっと野生動物の実態を理解する調査費や広葉樹の誘導や育成をし、

多様な森林へと変える予算をもっともっと増やしてほしいです。

もし野生動物に私が殺されたとしても、私は悔いがありません。

街で納得の行かない交通事故で命を落とすよりも

野生動物に殺された方がずっと幸せだと私は思います。

それが本当は自然環境を守る一番良い事だったりしてね。

なぜなら私たち人間が自然を破壊しているのですから・・・

むやみに野生動物を射殺するのは絶対反対poutです。

この記事は個人的な意見で書かせてもらいましたので、

意見の違いで、もし気を悪くされた方にはすみませんでした。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございましたhappy01

                               

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »