Hawaiiの妖精  ”メネフネ”

今日はハワイの妖精 ”メネフネ”shine 伝説について書くことにしましょうpencil

ハワイに行ったことのある方は、”メネフネ”印のミネラルウォーターのペットボトルで、この名前に聞き覚えがあるかもしれませんねear

”メネフネ”shineとはハワイのカウアイ島に住んでいたといわれる小人族のことです。
身長は普通の人間の半分くらいしかないそうです。

彼らは森に住んでいて、昼間は眠っていてsleepy 夜になると働くという習慣を持っていましたnight

また、性格はとってもシャイで、めったなことでは人間にその姿を見せることはなかったと言われています。bearing

彼らは土木工事の技術がとても優れていて、たいていの建造物は「一晩で」作り上げてしまいます。runrunrunrun

ただ、独自のルールがあったようで、”必ず一晩で仕上げる”という事です。間に合わなかったときはきっぱり諦めてそのまま放置coldsweats02

また、夜中にこっそり作業をしている姿を見たりeye犬が吠えて脅かしたら メネフネはすぐさま作業を止めてしまいすdowndog

そして二度と再びその仕事を完成させることはなっかたといいます。

カウアイ島には今でも彼らが作ったと言われる道路や水路、養魚池などがいくつか残っていますfish

それと同時に未完成のまま放置した 運河や建物もいくつか残っていますcatface

メネフネに仕事をしてもらったら、必ずお礼をしなくてはいけません。日が暮れるころ、きれいに並べた葉っぱの上にメネフネの大好物のエビをたっぷり置いておくだけでよいそうです。restaurantfastfooddelicious

なんとも可愛らしい伝説のお話ではないでしょうかheart04

他にもメネフネ伝説はたくさんありますがkissmark どれも聞けば聞くほどただの伝説だけだとは思えない話なのです。

民族学に言うと、メネフネは、6世紀頃にカウアイ島に移住してきたハワイ先住民ではないかと言われていますfoot

1820年 当時の王カウムアリイが国勢調査を行った時、カウアイ島ワイニハ渓谷では「自分はメネフネであるpaper」と言う人が65人も出てきたらしく、残念ながら彼らの身長は普通の人と変わらなかったと言いますrun

いずれにしても メネフネはハワイアンたちの心の中に息づいていてbudcherryblossom

そして今でもその伝説は子供たちに受け継がれているのですconfident

私たちの近くにも妖精メネフネがいたらいいですねheart04

       2009sato_281_2  eye あっ・・・sign01

今日の曲は 大好きなロビちゃんが歌うnote Keiki(子供)のために作られた

”どんな子供も有望なのよ、一人一人が特別な存在 ちょっと優しくしてあげて

子供の中に私たちの未来がある ”と言う内容です shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 節分  鬼は~外 福は~内 

        2009sato_049_2  昨日2月3日は節分の日 bud

我が家でも、豆まきしました。最近 主役の鬼は息子たちが喜んでpaper立候補いたします。

2009sato_051_3

鬼は~外っangrypunch 福は~内っfujismile と願いを込めてheart02

  

豆を撒いた瞬間、いったい何2009sato_059_2 が起こったかわからないまま、すごいスピードでひたすら食べてるワンコ (ブ~&チ~ちゃん)dogrestaurantheart04 

結局、私たちは歳の数の豆は食べれませんでしたsweat02sweat02sweat02 果たして福は訪れるのでしょうかcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)